• TOP
  • 知っ得情報
  • スキー場のキャッシュレス化を推進。東急7スキー場で導入開始。

スキー場のキャッシュレス化を推進。東急7スキー場で導入開始。
~スキーリゾート地でTポイントサービスとQRコード決済を導入~

投稿日 2018-11-24

出典:photoAC

東急不動産株式会社は、東急リゾートサービスが運営する全国のスキー場7カ所*において、TポイントサービスやQRコード決済を11月23日より順次提供することを発表しました。

*ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ、グランデコスノーリゾート、ハンターマウンテン塩原、マウントジーンズ那須、たんばらスキーパーク、タングラムスキーサーカス、スキージャム勝山

Tポイントサービス導入

株式会社Tポイント・ジャパンは、共通ポイントサービス「Tポイント」と電子マネーサービス「Tマネー」を全国のスキー場で初めて提供します。

Tカードをお持ちの方は、各スキー場のリフト券購入時に、窓口にてTカードを提示すると、200円(税抜)でTポイントを1ポイント貯めることができます。また、お持ちのTカードに現金をチャージし、Tマネーを利用すると、カード1枚でショッピングポイントと決済ポイントのダブルでTポイントが貯まります。

東急リゾートサービスは、Tポイントのデータベースを活用したCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)による、最適なスキーリゾートサービスの実現を目指します。

QRコード決済導入

株式会社ネットスターズは、マルチ決済プラットフォーム「StarPay」を日本のスキー場として初めて提供します。

東急リゾートサービスは本サービスの仕組みを活用し、中国人旅行者向けのスマートフォン決済サービス、「WeChat Pay」や「Alipay」を導入することで、中国圏からの訪日観光客の利便性の向上を図ります。

また、国内ユーザー向けにも「LINE Pay」などのQR決済サービスに対応し、キャッシュレス化を推し進め、スキー場内で現金を持ち運ばずに済む世界の実現を目指します。

東急リゾートサービスは、スキー場利用者の利便性向上を図ると同時に、顧客データや購買データなどを蓄積・活用することで、より快適に過ごせるスマートスキーリゾートの実現とスキー場のある地域の活性化に努めるといいます。

POP SNOW 編集後記

日常からTポイントを利用するシーンが多いなか、スキー場でもTポイントを貯めることができるのは、スキーヤー&スノーボーダーにとって嬉しいところ。

スマートに支払いを済ませることができれば、スキー場で飲み物を買うときや昼食を食べるとき、スノーウェアのポケットや小物入れから、小銭を出し入れする煩わしさもなくなります。スマートな支払いでウェアのポケットもスッキリ。

キャッシュレス化が進むことで、リフト券売場やレストランの混雑緩和にも期待したいですね。

たんばらスキーパーク特集

東京から約2時間!日帰りでパウダースノーを満喫!緩斜面が多くファミリーや初心者でも安心のたんばらスキーパーク。
11月下旬からゴールデンウィークまでのロングシーズン営業も魅力!

PAGE
TOP